ボランティアコメント

私はS字バック及びクランクでの採点係をしておりました。当審査チームではこれまで3回程担当しましたが、これまで参加した中で毎回印象的なのが、接触しないように非常に緊張した選手の方々の表情でした。私としてはコース内の走行競技の中では、それだけ緊張感を要するポイントだと思っております。
今回のS字バックは非常に難易度が高かったようで、接触、もしくは乗り上げてしまう選手もかなりいらっしゃいました。中には接触した事で余計に焦ってしまい、さらに減点が続き方もいましたが、1回接触してもその後何とか自分のペースを持ち直し、冷静さを保ってゴールしている選手の方も何人かいらっしゃいました。ノーミスで通過出来た選手も、もちろん素晴らしいのですが、個人的には一瞬焦っても最後には冷静に対処していた運転士こそプロの運転士として素晴らしいと思っていました。

大新東株式会社
法人営業所
森 正暢